スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に久しぶりの勝利(第4節vs京都)

セレッソ_試合の感想
03 /25 2007
ヨコモコさんのブログで初めて知りましたが、
なんでも152日ぶりの勝利だそうですよ。
前の勝利は2006年10月29日の甲府戦。
ホームでの勝利となると更に遡って2006年10月22日の広島戦だそうで。
掛け値無しに久しぶりですね~。

J's Antenaから色んな方の感想を読んで自分で書くこともそんなにないんですが、

前半は、前節ヴェルディ戦で随分マシになっていたという評判が嘘のように仙台戦、湘南戦で見たのと同じ光景が延々続きました。
すなわち、
    相手ミスor一発カットでボール奪取
    ↓
    出すところが見つからずに取り敢えずのバックパス
      or意図のない横パス
    ↓
    ロングボールを縦に放り込むが誰も追いつけない
      orそもそも誰もいない
      or敵2人がかり、または一対一で競り負けボールを失う

以下ループ。

これが前半のセレッソ側の攻撃の7割くらいを占めていたと思う。
残りは、サイドからのアーリークロスを跳ね返されるのと(主に丹羽)、
運良く前線でキープできてなんとか仕掛けを試みるがシュートまでいけないのがいくつか。
前半で最大のチャンスは、偶然にしか見えなかったが
ロングフィードにモリシが反応して飛び出し、GKと一対一になった場面。
ここは惜しくも相手GK上野にファインセーブで阻まれる。
でもあの場面では決めないといけないでしょう。


いい加減、縦にロングフィード→繋がらずに相手ボール、のループはやっても無駄だということに気付いてください
・苔口を走らせるときは、周りの選手も「自分はどうするべきか」考えて動いてあげてください。

コメント

非公開コメント

2001年頃からセレッソ大阪を応援しています。
Twitter
旧ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。