スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

49/51 vs仙台 

セレッソ_試合の感想
11 /25 2009
気持ち的にほとぼりが冷めたので感想書きます。

J2第49節
ベガルタ仙台vsセレッソ大阪 @ユアテックスタジアム仙台
   1         0
公式記録

ユアテックスタジアム正面入口
仙台行ってきました。
9月の連休でも行ったので今年2回目ですw
ユアテックスタジアムは地下鉄泉中央駅から歩いてすぐのところでした。
長居スタジアムも駅から近いですが更に近い!よくあんなところに専用スタジアムを建てられましたね。これは凄いわ。

飛行機の時間の都合でスタジアム入りがキックオフの30分前。

091122vsVegaltaスタジアムはホーム側もアウェイ側もぎっしり。完売は伊達じゃない。
先に入場してた知人に席を確保してもらってて助かった。
ベガルタのチームカラーは黄色じゃなくてベガルタ・ゴールドっていうんだそうですが、
スタンドゴール裏と長居でいうSB席が一色で染まった様子は壮観でした。
ゆっくり観て周れなかったのが残念でした。

試合内容は、セレッソも仙台も、勝つことよりは負けないことに重点を置いていたのでチャンス自体がなかなか無くてストレスの溜まる展開。
前半ミス多すぎで自滅気味、
後半は真司INで加速、OUTで減速。
真司OUTのあと打開策は見出せず、頑張ったけどラストで息切れ。
全体的に落ち着きがなかった。
自分達のスタイルで通用しないときに、じゃあどうするか?ということが共通理解として無いんだろうな。
康太が凄かった。個人だけで見ればほぼ完璧だったんじゃないでしょうか。

ロスタイムの表示には気づきませんでした。
だから、仙台のゴールが決まったときは、一瞬訳がわからなかった。
いやわかってはいたんだけど、理解が遅れたというか、何かの間違いなんじゃないかと思った。
アウェイ席以外のスタンドから轟音のような歓声、揺れる黄色、一斉に振られる旗。
まるで映画のワンシーンのようで、遠くにあるものを見ているような感覚でした。
そしてすぐに終了のホイッスル。
それでようやく、ロスタイムだったんだと気づきました。
選手が並ぶ前にレヴィと真司がピッチに入ってまで抗議しようとしていて、線審に止められていて、
レヴィはともかく真司がそこまで怒るのは珍しいなぁと。
試合終了後すぐは呆然としてましたね、今思うと。

前日の湘南vs甲府が見応えのある試合だっただけに、首位決戦として良い試合をしたかったですが、あんまり面白い試合ではなかったですね。まぁ負けたのが一番面白くないんですけども。
真司の負傷交代という痛すぎるアクシデントがあり、ついてない部分もありましたが、
完敗でしょうね。

ゴール裏に選手達が挨拶に来て、自分も落ち込んでましたがそれ以上にみんなが落ち込んでるようだったので拍手しました。
「負けたのになんで拍手するんだ」って思う方もいるでしょうが、あの落ち込みようはヤバイと思ったんで。まだ2試合あって優勝できる可能性はあるのに、どうもここで気持ちが切れてしまいそうに見えて、これは拙いと思ってセレッソコールと次勝つぞって声掛けました。

あんまり選手たちが気落ちして見えたので、スタジアムから選手バスが出てくるところも見送りました。
マフラーを掲げてたら、ホドウホコーチと藤田社長が会釈してくれました。
乾が窓際でマンガ読んでたのが見えて「オイ」と思ったのは本当ですw

自分史上ワースト2の遠征でした。とにかく疲れた。

夕飯晩御飯にロコモコ風牛タン丼食べました。

コメント

非公開コメント

2001年頃からセレッソ大阪を応援しています。
Twitter
旧ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。