スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

46/51 vs徳島

セレッソ_試合の感想
10 /22 2009
スタメン見たときから予感はありましたが、ちょっと守備的すぎましたね。
負けないためにまずは守備から、というのは解るのですが、前への推進力がなくなかなか試合が動きませんでした。
徳島もセレッソの攻撃力を警戒してか守備重視の試合運びで、前半は互いに良いところを出させないようにし合うJ2らしい展開でかなり退屈でした。セレッソ戦でなければチャンネル変えてるレベル。
徳島・六車の振り向きざまミドルとカイオ→船山でディフェンスラインの裏に飛び出した場面くらいかな、見所は。いや、両チームとも守備はしっかり締まってて良かったと思いますけども。

後半最初から黒木→真司。徐々にペースを握るも徳島の守備はしっかりしてて容易に崩せない。この試合こそ乾が欲しかったなあ。カイオは下がって受けることが多くなりがちなので、もっと前線で仕掛けられる選手がいないと手詰まりになる。船山と濱ちゃんの位置を上げたのはそういう役割を期待したんだと思うけどあんまり上手くいってなかった。特に前半。後半は濱ちゃんいい飛び出し何本かありましたが。
結果論ですけど、濱ちゃん→真司にしてもっと早く苔入れたほうが良かったかもしれない。

後半のハイライトは二回。
徳島の徳重さんにドリブルでゴール前まで入ってこられてシュートされた場面。これは前田が徳重さんのステップについて行けなかった時点で失点を覚悟しました。シュート時にもう一人寄せてた(誰かわからず)のとジンヒョンのビッグセーブで助かりました。
セレッソ側はPA内でハネさんとのワンツーで真司が抜け出した場面。完全に抜け出したので決定的でした。残念ながらシュートは枠を捉えませんでしたが…。真司なら決められるシュートだった…力みがありましたね。いろいろ背負わせ過ぎてしまっている現状なので、真司がはずしたのならしょうがないかな、と思います。

インタビューを読むと、レヴィはパスサッカーで主導権を握るイメージで
船山・濱田を起用したようです。後半の天海を見れば、ある程度は狙いどおりの展開に持ち込めていました。でも点は獲れなかった。こういうこともある、と割り切って次の試合に集中するしかありませんね。
中2日でアウェイ徳島、さらに中3日でアウェイ横浜、と今更ながら無茶苦茶な日程で本当にキツいと思います。ここをなんとか乗り切ってラストスパートへ繋げて欲しいです。

リンク:
公式記録

コメント

非公開コメント

2001年頃からセレッソ大阪を応援しています。
Twitter
旧ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。